カテゴリー別アーカイブ: ギター・ベース 製造番号|シリアルナンバー

☆祝☆

お正月以来の更新です。

 

BUMP OF CHICKEN 藤原くんがご結婚されたそーです❤

おめでとうございます\(^O^)/

ネット上では相手が誰かとゆーことも騒がれているよーですが、そんな野暮なことはやめましょー。
そんなわけでお祝いの気持ちを込めて、改めて藤原くんのSonicギターを紹介してみましょう。

 

 W401-3080s
1号機:社内コードネーム”Fuji-1″(2004年9月製)
藤原くんはヴィンテージのストラトキャスターを持っていましたが、「使いやすいストラト系ギターが欲しい」という要望をもらって作りました。
ボディ:アルダー/ブラックラッカー塗装
ネック:ハカランダ指板/ナチュラルラッカー塗装
ピックアップ:Sonic Jupiter LST-01

 

V504-1252s
2号機:社内コードネーム”Fuji-2″(2005年8月製)
「1号機を基本にキャラクターの違うものが欲しい」というコンセプトで作りました。
ボディ:ライトアッシュ/ブラックラッカー塗装
ネック:メイプル指板/ナチュラルオイルフィニッシュ
ピックアップ:Sonic Jupiter LST-02

 

Y608-2101s
3号機:社内コードネーム”SLP-S Type-F”(2006年11月製)
藤原くん所有の1957年製Gibson Les Paul Specialの各部寸法を測定して、それを基に作りました。
ボディ&ネック:ホンデュラスマホガニー/TV Yellowラッカー
指板:ハカランダ
ピックアップ:Sonic Jupiter LP90-01

 

これらのギターとともに末永くお幸せに~❤❤❤

初公開|製造番号はこうやって打ちます

SONICギター・ベースの製造番号はこうやって打刻します

DSC_7021

SONICギター及びSONICのベースの
ネックプレートに製造番号を打つための秘密兵器です。

 

ネックのジョイント部にヒールカットを施してある際など
ネックプレートをつけられないようなやむを得ない際は
ギター、ベースのブリッジやジャックのプレートに刻印します。

 

刻印を作っている会社の製品を改造して作りました。

 

製造番号の意味については、

ギター・ベース制作 ラムトリックカンパニー|製造番号について

を見てください。