DSC_9591

理想のトレモロユニット

DSC_9591

トレモロを使うとチューニングが狂います。これを完全に排除するには、フロイドローズのようなロック式トレモロを使うしかありません。でもフロイドローズは見た目もゴツいし、弦交換やチューニングが面倒だし、後付けするにはギターに大改造が必要になります。

従来のシンクロナイズド・トレモロでも、高精度の取り付けをして、しっかり調整をおこなって、演奏者のちょっとしたテクニックがあれば、実用上は不自由しないくらいのチューニングの安定度は得られていました。

でもそれでは不満だったんです。どんなに正しく取り付けと調整をおこなっても、最後に残る狂いがあって、それはトレモロユニットの設計の問題でした。

こうなったらその問題を解決したトレモロユニットを作るしかない! ということで、作っちゃいました。

写真を見ても、違いはわからないと思います。でも工場には1/100mmの精度を要求してみました。

そして完成したSonic Originalトレモロユニット。まずは自分のギターに付けて使ってみました。→最高です。アームのタッチはスムーズだし、アームダウンからでも、アームアップからでも元のチューニングにキッチリ戻ります。

これからのSonic STRモデルなど、シンクロナイズド・トレモロ付きのギターには標準搭載していきます。

そしてパーツとして単体販売もします。
Chrome 20,000円(税別)
Gold  22,000円(税別)

もちろん正確な取り付けと調整が必要です。今までに製作した標準トレモロ付きのSonicギターにはダイレクト・リプレイスメントが可能です。

DSC_9592