DSC_4435

久しぶりの非常手段

DSC_4435Tune-Upでお預かりしているGibson Les Paul Standardです。

ナットは消耗品なので、あまり強力に接着しないのがセオリーなんですが、まれにやたらガッチリ接着されてるナットがあります。

滅多にないことですがナットがどうにもはずれないという場合は、木部を傷めないために、最後の手段としてノコギリでナットに切り込み入れて、両側から押して接着を剥がすという方法を採ります。

もちろんナットの再利用はできませんが、今回はナット交換前提なので問題ありません。

DSC_4436
何とかはずすことができました。Gibsonのギターではうまくはずれた場合でも、溝の底面のマホガニーが少しナットに付いてきてしまうことが多いですね。

DSC_4437

ナットはバラバラになってしまいました。