DSC_7071

ベースのヘッド起きを修正中

 

DSC_7071

フェンダー・タイプのベースでは、補強材の入っていないヘッド部分が弱いので、長い間に弦の張力に引っ張られて微妙に起き上がってしまうことがあります。

これはそのヘッド起きをヒーターを使って修正しているところです。ここを修正するとナットへの弦の当たりが強くなるので、弦の鳴り方がずいぶんと変わるようです。

古いベースではかなりよくあることなので、今後この作業を通常のTune-upに含めるようにしようかと考えています。